mama's recipe

kicchunn.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 26日

KJ.の常同行動


1歳から4歳までの いわゆる「常同行動」は、ピョンピョン跳ねることでした。

3歳から6歳までは、ピョン跳ねに加え、ぐるぐる歩き回る。


読書や学習やパソコン以外の時間はほとんどこの状態。 




ベッドでもソファでも、常にピョンピョン跳ねる!笑

なので、家庭用トランポリンも購入しましたしね^^




それが、最近の常同行動に 変化が現れてきています。




トランポリンは物足りなくなったようで、用無し。苦笑

ソファでもベッドでも飛ばなくなりました。





代わりに何をしてるのかと言いますと、






ゴムボールをつくこと






学校から帰宅するやいなや、ボールを抱えバンバンつきます。

つきながら「あのね~今日ね~~・・・♪」と学校での出来事を話してくれたり^^


パソコンずっと見てるので、「目が疲れちゃうから、そろそろやめようか。」と声をかけると、

「わかった!」と言い出して、ボールをつきながら、逃走中の空想世界に入り実況しだす^^

このボールのおかげで、スムーズに切り換えができるようになってるみたいです♪




自閉症の子にトランポリンがいいというのはよく聞く話だったけど、

ボールをつくってのも、同じ事なのかもしれないですね。 私が知らなかっただけかも^^苦笑



「自分でリズムをコントロールできるから、KJ.君にとって心地のいいものなんでしょうね」



発達外来の先生も言ってました。




一瞬足りとも止まらないセミの鳴き声のような耳鳴りに悩まされてる母ちゃんにとって、

このゴムボールが床につく音は、ひじょ~~~うに厳しいっ。

酷い時は、頭にまで響いて目が開けられないほどの耳鳴り。 

そんな時は、耳栓をして回避してますっ^^






ピョンピョン跳ぶことから、ボールをつく行動に移行したことって、

どういう変化なんだろう。




一つの階段を登ったことなのだろうか・・・。 

常同行動って、成長と共に別のものに移行するんだろうか。









私にはよくわからん!








ただ、わかってるのは、









KJ.の心地がよくなるってこと。






家の中でしかしないことだから、困ることもないし、

外で頑張ってきた心を落ち着かせてるのだから、

自由に!思う存分!やっちゃってださい^^




あ!空気抜けてきたから、入れてやろう♪







f0154430_951337.jpg


DSをやる2人。



f0154430_952405.jpg


こんな時は、すでにこの2人の会話についていけない母ちゃん。 

淋しいわ~。





でも、こういう2人の後姿を見るのも、いいもんだ♪












ご訪問ありがとう!

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


最近、ランキングポイントがグングン上昇してきました♪ ポチッてくれる方に感謝感謝です♪





[PR]

by kicchun | 2012-10-26 10:00 | 息子のマイブーム


<< 小学生推薦図書を読む日は来るのか!      誕生日のごちそう >>