mama's recipe

kicchunn.exblog.jp
ブログトップ
2012年 11月 05日

我らは打ち勝たん



以前の記事(「心身に現れた異常」)で、

私が精神科の薬を服用していることをお話しました。



今日は、その薬のことについて・・・。



薬を飲むようになって、2年半経とうとしています。

これが長いのか短いのか、人のよると思いますが、

私個人の考えとしては、長い! 苦笑



ここでは何を飲んでるかは、詳しく書くのはやめておきますが、

その数、9種類になります。完全に多剤大量処方であると思っていますが、

服用してから、自分の体調が良くなったのは言うまでもありませんし、

親身に診察してくれた主治医にも感謝してる気持ちは変わりません。




ただ、体調が良くなると、どうしても 「もう大丈夫!」と過信してしまい、

飲むのを忘れたり、飲むのをやめたことがありました。

そうなると、またガクンと体調が悪くなり、病院に駆け込んで、薬を追加してもらっていました。




今考えると、本当に恐ろしい。




そのガクンと体調が悪くなるのが、薬の離脱症状だと気づくのに、かなり時間がかかりました。




昨年の10月、体調を崩しブログを少し休んだことがあります。

あの時がまさに、離脱症状に気づきその症状に苦しんでいた時期でした。



と同時に、これを克服するぞ!と決めた時期でもありました。



主治医に減薬方法を相談したり、ネットで色々な減薬・断薬方法を調べました。



まず、最初に断とうと思ったのは、パキシルです。



初めは、1日20mg飲んでいました。そこで、勝手に1日10mgにしたり、飲み忘れたりして、

離脱症状に苦しむというお粗末な結果に・・・。それが離脱症状だと気づいたのは、ネット情報。

また、パキシルには5mgの錠剤もあると知ったのも、ネット情報からでした。



調べては、主治医に相談する・・・を繰り返し、何とか自分に合う減薬方法のリズムを見つけました。



10mg→7、5㎎→10㎎  で 様子を見て、

体調悪化がなければ、7、5mg→5mg→7、5㎎にしていきました。



しかしですね、なかなか上手くいくものじゃなく、

慣れてたはずの5mgにしたところで、離脱症状が出始めたこともありました。

その時はまた、10mgに戻し、10→10→10・・・と飲み始め、

体調が良くなってきたら、また7,5にしてみる。

しかし、また来るかもしれない離脱症状が怖いので、

自分の体調と相談しながら、

7、5→10→7、5→10→10→7.5と、ランダムにしていきました。

地道で長い道のり・・・・。



そうして、いつしか、2,5→0→2,5→0を繰り返し、体調も順調だったこともあって、



何とついに・・・・・



1週間前から完全に 0 になりました!




私の言う離脱症状は、

熱が出たときに起こる関節痛のようなドクンとした衝撃が全身に走るものです。

人によっては違うみたいですが・・・。

断薬後、決まって夕方からその症状がでてますが、少しずつ軽減されているようです。

(他の薬を服用する時間は就寝前です)


そして、その症状がでた時、気持ちが負けないように、

背筋をピンっと伸ばし、曲げた両腕を後ろへ引いたりして気合を入れる!

「気合だ気合だ気合だ!!」と、アニマル浜口かのごとく、叫ぶ! ぶっ

ラジオ体操をする! などなど、体を動かして、離脱症状を気にしないようにしています^^








こんな時、以前見た映画、「マイネームイズハーン」の挿入歌として聞いた

「We Shall Overcome」が私の応援歌になっています♪




我らは打ち勝たん いつの日か 

心の奥深くで 固く信じている

我らは打ち勝たん いつの日か


もちろん口ずさむ時は英語で歌ってますが^^





パキシル断薬が完全に成功したら、

次は、これまた依存性の強い睡眠薬、トリアゾラム(ハルシオン)が相手なのだ!!




なかなか手ごわい相手らしい。





打ち勝ってみせます!















ご訪問ありがとう! 

断薬に奮闘するkicchunに愛ある応援よろしくお願い致します!

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村







[PR]

by kicchun | 2012-11-05 10:13 | 母ちゃんのつぶやき&愚痴


<< 糖度12度      小学生推薦図書を読む日は来るのか! >>