2012年 09月 13日

心身に現れた異常



以前の記事でも書きましたが、

KJ.は、産まれてすぐの頃から、ほんと~~に眠らない子でした。

子どもが眠らないということは、もちろん、母ちゃんも寝ていません。(。-∀-)


KJ.が産まれてから初めて、1度も起こされることなく3時間続けて睡眠がとれた~~♪って、

喜んだのは確か、幼稚園年中の冬でした。 苦笑



人間、眠らないとおかしくなる



KJ.を育てて痛感しましたね。



睡眠不足の他にはもちろん、

パニック・癇癪へのお付き合い、不安面・多動面に振り回される日々。

そして、将来の我が子の心配・・・。



色んなものが母ちゃんの心と身体をジワジワと侵していきました。



私、何かの病気なんじゃ?って心配になるくらい体調が悪い。

とにかく倦怠感とめまいが酷かった。


めまいのある中でもKJ.の相手で、ソファに座ることさえ出来ないし、眠ることもできない。


何か異常がある!と確信して行った病院でも、あっさり「これといった異常はないですね~」で終了される。

内科・外科・整形外科・婦人科・脳神経外科。

どこに行っても異常なし。

唯一、循環器科で不整脈が見つかったけど、「今すぐどうこうなる状態ではない。」との診断。



そうなるともう、「どうせ病院に行っても異常なしで終わるんだから。」と、

具合が悪くても、病院へ行くことすら億劫になっていった。



しかし、どんどん状態は悪化していく一方だった。


KJ.と一緒に遊んでいても胸が苦しくなり、

喉の奥に何か詰まっているような、重りがあるような感覚があったり、

何も考えてない時でも、涙が出るとか。

夜、KJ.を寝かしつけるのに横になった時は、暗い中、毎日涙が出ていた。



精神的にやられてる?



こういう時にまず1番に想像するのは、うつ病でしょう。


でも、父ちゃんや両親に話しても、


「いやいやいや、あんたはうつではないわぁ。」 そう言われ終了。


あの頃は、うつ病=眠れない くらいの認識しかなかったから私も納得せざるを得なかった。

だって、眠れない訳じゃなくて、寝かせてくれない だから~^^寝かせてくれるなら、10分でも20分でも寝たかったしね。



しかしある日スーパーのレジでお金を払おうとした時、

お金の計算ができないことに焦りました。

例えば、金額が485円だった場合、100円玉4枚と10円玉8枚と1円玉5枚ってすぐ分かるものだけど、

「あれ、あと何枚だっけ。」と、何度もレジの金額を確認してしまう。


隣にいた父ちゃんが、「何してんねん」と言うような表情で見ているし、

レジのお姉ちゃんも待ってるし、後ろに並んでる人もきっと「遅いなぁ~早くせぇや~」って思ってるだろう・・・

考えすぎなのに、そこまで考えてしまって、余計にお金が払えない。



あと、バラエティー番組なんかを見ていても、何か遠い世界(そりゃぁ芸能界は遠いわ)のようで、

みんなが大笑いしてて、それを見てる父ちゃんも笑ってたりしてても、

何が面白いのかも、笑う意味もわからない。 


KJ.の前では、笑うようにはしていたが、段々本当に辛くなってきた頃、

精神科へ行くことにした。



診断結果は、自律神経失調症。


今の病院へたどり着くまでに、かなり遠回りをしたけど、

やっと診断名がついたこと、異常があると誰かに言ってもらえたことが、本当に嬉しくホッとした。



現在、飲んでいる薬に落ち着くまでにも時間はかかりましたが、

体調がいいと、すごく前向きになれるもので、

KJ.と心の底から笑えるようになりました。



こんないい薬、一生飲み続けてやるぅ~~♪ なんて思ってましたが、

やはり、精神科の薬は、一筋縄ではないみたい。






長くなったので、この続きは後々に!







~追記~


多くの方に読んでいただいてる記事なので、

続編の記事を貼っておきますね^^



↓   ↓   ↓



我らは、打ち勝たん!



私にピッタリの漢方が見つかった!











ご訪問ありがとう




にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村




いつも応援クリックありがとうございます。
ブログ更新の励みになってます!







[PR]

by kicchun | 2012-09-13 22:29 | 誕生から診断がつくまで


<< 速さではなく「調べる」学習      庭で咲いてるお花 8月中旬編 >>