mama's recipe

kicchunn.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 19日

初心者キャンプ

夫婦2人だった頃の旅の基本は、

夏は南の島、冬は温泉でした。



息子が生まれると、

夏の部分が大きく変わり、

ペンション(1歳)→コテージ(1歳~2歳)でのお泊り旅行になりました。



しかし、

イヤイヤ期もだいたい終わった息子を見てると、


「そろそろうちもキャンプに行けるかも。」


そう思い、

今年は初の試み♪



とは思ったものの、

我が家にキャンプ道具と呼べるものは、

焼肉台ぐらいしかありません^^爆

テントもなければ寝袋もありません。

道具は少しずつ揃えることにして・・・。



しかしそうなると、

キャンプ場を決める際、

バンガローがあって寝具がレンタル出来る事が

最低限の条件になりました。



まぁ後は何とかなるでしょう。




独身時代は、

仲間や友人達と毎年キャンプに出かけるのが、

夏の楽しみの1つでした。

集団で行くと、

必ず「キャンプ師」やら「キャンパー王」とネーミングされる

師匠的な方が1人はいて、

場所探しから持ち物、

テント張りから食事の用意まで、

進んで取り組んでくれたものです^^



おかげで、

自分の持ち物は、

着替えと化粧ポーチ1つのみだったり。笑



しかし、家族キャンプとなるとそうはいきません。

子供の事を考えると、

どうしても荷物は増えるし、

食事の用意をどうするか色々考えることがあります。

それも楽しみの1つなんでしょうけど、

体力の事を考えると極力省略できる部分は省きたいもの。



なので、

家族キャンプ暦の長い姉に、

色々アドバイスをもらい、

荷物を最小限に止め、

余裕を持って出かけることが出来ました。



お役立ちアイテムがコレ。

f0154430_21251280.jpg


100円ショップに売っている

ポケットが数個ついた壁掛けのもの。

箱に入れるよりも出し入れが楽で、

道具を入れたまま

車のトランクのサイドにかけられるので

場所もとりませんでした。

キャンプ場に着いたら、

そのまま運んで、

麻ひもとS字フックを用意し木にかけました。

食事時に使うものが揃っていたので便利でした。

この傍で炭を熾しました^^




バンガロー内にも用意して、

薬やゴミ袋、鍵なども入れるのに重宝しました。

カーテンレールにかけて。




美幌みどりの村森林公園キャンプ場~うめ~に泊まりました。

1泊4000円。

本当は3500円のバンガローを予約していたんですが、

当日受付で進められてこちらに揺らいでしまいました^^

毛布も沢山貸していただき、

親切な管理人さんでとても助かりました。


f0154430_2127392.jpg

バンガロー内は結構広いです。
荷物がお見苦しくてすみません^^




道具が揃っていなくても

キャンプって楽しめるものなんですね。

夜は車を少し走らせたところの温泉へ。

バンガローへ戻り、

新しいトミカの絵本とパズルで息子と遊びました。

息子の就寝後は夫婦2人で缶ビールを。

至福の時間でした。



翌朝は森の中を散策。

朝の森林浴って気持ちがいいですね♪



息子が学校に行く頃には、

テントも購入して、

シーズン中は何度も楽しめるキャンパー(笑)になるのが、

今後の楽しみの1つでもあります♪
[PR]

by kicchun | 2009-08-19 10:59 | お出かけ


<< ドライパセリ      サロマ湖を満喫 >>