2009年 07月 24日

間引き菜を食す

昨日から久しぶりに夏らしい暑さに戻った北海道。

ここ数日の寒さのせいで、

もう7月下旬だという事に驚かされ、

夏祭りの存在さえも

危うく見逃すところでした。

今年の北海道の夏は特に短い!泣



さて、そんな寒さのせいで、

畑の野菜達はなかなか大きくなってくれませんが、

たくましい大根は順調に育っております。



野菜作りをされてる方はご存知かと思いますが、

大根は大きく育てるため、

発芽し沢山芽が出ても

最終的に本葉5~6枚になった頃には、

1本に間引きます。

せっかく育った苗を抜いてしまうのは、

何とも悲しいものです。



でも、そんな間引き菜も

実は食する事が出来ると最近知ったので、

早速、捨てずに収穫してみました♪


f0154430_052563.jpg


葉の部分は

塩茹でし、細かく刻んで、

人参のみじん切りと一緒にゴマ油でじっくり炒め、

ちりめんじゃこを加え、

母が作ってくれた味を頼りに甘辛く煮詰めて

佃煮にしてみました。



白い部分は、

ジンギスカンと一緒に炒めていただきました。


どちらもなかなかのお味でしたよ^^



カブも同様に食する事が出来るそうです。
来年はカブも育てる予定♪



とうもろこしも1本に間引く時、

雌しべのひげが出る前のものを

ベビーコーンとして利用できるそうです。

甘くて美味しいんだとか・・・♪



こんな食の楽しみ方を知ると、

野菜作りは止められませんね・・って、

止めるつもりはないですが。笑
[PR]

by kicchun | 2009-07-24 10:48 | 料理


<< 夏休み      初夏の上野ファームへ >>